« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ETU#10_GINO

Pangyagu_769

Pangyagu_773

今更ながらハマりだしたのだ。

ジャイキリ・・・マジで面白いヽ(´▽`)/

ETUのホームスタジアムが日立台そのまんまで楽しい(o^-^o)

制作風景

Pangyagu_765 Pangyagu_766

| | コメント (9)

セル恋背表紙

わしはどちらかというと空気の読めるタイプの人間だと思う。

場の雰囲気を見て、流れを読んで行動する。

友達付き合いでもそうだし、仕事上でもそう。

一応営業マンなので、当然相手の都合を常に想定するようにしている。

一番いいタイミングで接触することが商談成立への一歩なのだ。

パンヤ上でも同様。ゴルフ中に声かけるのは躊躇われるので

話があるときは「あいてるときに声かけて」と言うようにしている。

そんな空気の読めるタイプのわしに対して、

某おりりさから突然画像が送られてきた。

Photo    

こ・・・れ・・・は・・・

「セルフに恋して」の背表紙やないかーい!!

はるれい「お、おま・・・今更すぎるだろう・・・」

おりり「つい作りたくなってしまってw」

今やレイソルブログとなりつつあるこのねこんさ。

あまりインできずフェードアウトしつつあったわし。

このまま「過去にはるれいという偉大なセルフデザイナーがいてね」

なんて後世のパンヤ界で語られる存在になろうと思っていたところに

あまりにも今更なネタ画像を送りつけられてしまったのである・・・。

当時なら最高に面白い画像なのになんで今なんだあぁぁ(゚ー゚;

今更すぎて空気の読めていない画像だけれど・・・

せっかくなのでAKY(あえて空気を読まない)で紹介しちゃうよ!

ネタの宝庫すぎて最高の出来映えだよね~!

おりりさ、まじでありがとう(o^-^o)

気になる初版特典はこちら↓

Photo_2

Photo_3 Photo_6

小説「セルフに恋して(完全版)」はこちらからどうぞ(*^.^*)

| | コメント (11)

Let's go we are Reysol

Pangyagu_715

横浜FマリノスVS柏レイソル。

上位対決として重要な一戦であるとともに、

レイソルファンにとって”俺たちの祐三”こと小林祐三を

かっさらった憎きマリノスに対して絶対に負けられない戦いだった。

(詳しくは過去記事参照→ SaturdayNightねこんさ

なーんて開幕当初は「マリノスぜってー倒す(`Д´)」だったんだけど、

なんと同ポジションの酒井が大活躍。U22にも選抜!

右SBの不安が解消されたことで憎しみも薄れてしまった(^-^;ヘヘ

小林祐三が移籍してなかったら酒井は試合に出れず、

見いだされることもなかったかもだから結果オーロイさね。

そして試合は2-0でレイソル快勝ヽ(´▽`)/イヤッホウウウ

民放でも中継していたので

「レイソル調子こいてるみたいだけど、どの程度だかまあ見たるわ」

     ↓

「レイソルばねぇ(゚0゚)」

となった人も多い・・・はず(笑

得点につながった酒井のクロスは最高。でも残念クロスも多かった。

マリノスに決定機(2度あった)を決められていたら・・・。

後半は冷や冷やだったさね。

キム・クナンは本当に危ない選手。

中村俊輔は変わらず上手い。あのスタイルは嫌いじゃない。

小林祐三には仕事させなかったね。

やっぱり・・・レイソルユニのほうが似合っていたよ!

| | コメント (2)

宮城の希望の星

2011 ヤマザキナビスコカップの1回戦第1戦

柏レイソルVSベガルタ仙台戦に行ってきた。

日立台での観戦久しぶり~

現在リーグ戦の順位は1位柏、2位仙台。

頂上決戦。言わばバルサVSマンUである。

1_2

仙台側のスタンドに掲げられた横断幕。

『宮城の希望の星になろう』

実際そうなっている。

ロスタイムで神がかり的なゴールを決めるなど熱い試合が多く、

リーグ不敗を続けている仙台。

仙台の強さは本物なのか?

わしがこの目で確かめたる。

復興を応援したいけど、仙台の快進撃もここまでさ。

これまでは粘り強く戦えていたかもしれん。

でも最近の柏は最後まで集中を切らさない。

ましてロスタイムに決勝ゴールを叩き込む試合なんて

実際は年に1試合あるかどうか。

今日に限ってはありえない。

悪いけど柏が絶対に勝つ。

2

いま気になる選手はこのジョルジ・ワグネル。

開幕戦のような素晴らしいフリーキックをまた見たい!

3

前節2ゴールの田中順也。やっぱりイケメン!

4

数年前、レイソルに所属していた鎌田次郎。

今や仙台に欠かせない存在に。

彼のヘディング力を知っているだけに脅威。

試合は非常に堅いゲームとなった。

チェックが早く、両者シュートまで持ち込めない。

レイソルのレアンドロ-酒井、ジョルジワグネル-大津の

得意の連動は警戒されていて一向に裏に回り込めない。

北嶋、田中順也も効果的なかき回しができないでいる。

五分五分の展開。0-0のまま終わる気配が漂う。

そして終盤に来てレイソルの動きが落ちる。

仙台のキープ率が上がる。

危ない場面もあったが大谷・栗澤がいいカバーを連発。

そのため点を決める気配もなかったが、決められる感じもなかった。

そして後半ロスタイム。

0-0でもまあ悪くはないか・・・と思い始めたそのとき。

仙台の攻撃。

ゴール前に放たれたクロスに、途中出場の中島(師匠)が頭で合わせる。

ボールは妙にあっけなくゴールネットの内側へ。

目の前で見届けたベガルタサポは大歓声。

またしても、仙台ロスタイムの決勝ゴール!

ありえない瞬間がそこにあった・・・

愕然とする柏サポ。

そして試合終了の笛が鳴る。

仙台強かった。

決定的なシーンをつくられたとか、個々の力で圧倒されたとか、

そういう強さではなくて、チーム力が強い。

悔しさもあるけど、何だか気持ちのいい負けだった。

負け試合を生で見るなんて久しぶり・・・

試合後にとぼとぼ歩いたのも久しぶり(´;ω;`)ウウ・・・

まだまだレイソルは終われない。

アウェー戦で借りを返す!

おまけ動画

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »