« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

セルフ職人に突撃② ネイさ編

セルフ職人に突撃② ネイさ編

第2回は"セシリア職人"ネイ・アーシュさに突撃~

職人集団セルフデザイナーズ(SDS)のクラブマスターであり、

セルデザCP販売の実績もある実力派だ。

わしには決して真似できないオリジナリティー溢れる衣装。

細部まで丁寧に描き込まれたもの凄いドット数。

・・・もう~どうやって描いているの(゚ー゚;

――セルフ制作はマウス?ペンタブ

ネイさ: マウスですね。

たまにあたりを(大きい曲線など)取りたい時はペンタブ起動させたりします。

――ネイさはドット派だと思うんだけど?

ネイさ: ドット:ブラシ=7:3って感じですね。

どっちもそれなりの癖があるんで描く作品に

よって使い分けるといった感じです。

――平均的な制作時間はどれくらい?

ネイさ: 最近はどんどん増加傾向にあるのですが・・・

網目なしなら30~50時間

網目ありだと60~100時間程度かな?

――ちょっとだけ・・・セルフ制作のテクニックを教えて(笑

ネイさ: 網目楽しいよ網目w

ドット描きは2ドットでも陰影を考える事かな。

それだけで出来上がりに差が出ますね。

@は影付け。2ボケで黒を選択しちょい置きでかぶらないよう

トントンと置くと物の影が簡単に出来ますよ。

――今回のセシの新作について教えてください。

ネイさ: ルーシアからはまったセシリア網目作品です。

新コース実装という事でアジアンテイスト風味を

心がけたドレス風味に仕上げました。

スカートの模様が非常に難儀で何度も挫折しかけたのは

今になってはいい思い出ですw

SDS1周年祭で初売り開始しますので

ぜひ参加してくださいねw(ものっそ宣伝w

1294943050_97_2 こちらがネイさの新作

編目すごすぎ(@Д@;

確かに細かいところにも陰影を付けているので、すべてが自然に見える。

ネイさのセシ作品はどれも完成度高いんだけど、

今回も気合いと気持ちの入ったすてきな衣装だと思う~

――ネイ・アーシュさ、ありがとうございました。今後の作品も期待しています。

SDSの皆さんの一周年記念祭企画"ニックネーム名付け親募集"

にわしもこっそり参加してまし(笑

よかったら投票してみてくだされ(^-^;

その他イベントが続くので興味ある方はぜひヽ(´▽`)/

このイベントは終了しましたm(_ _)m

次回は、神出鬼没のファンシー職人に、インタビュー!(予定 ^^;)

SDSメンバーのセルフカタログはこちら

| | コメント (9)

Reds&ManU

Kuureds3 Reds#22abe

Kuuman3 Manu#9bervatov

すごい勢いでさらに適当ユニ2作品追加。

ラクすぎて・・・描いてて楽しい!

手抜きもいいとこなので、激安で露天中~

こんな感じでもよかったらどうぞ(*^-^)

| | コメント (2)

reysol#27otsu

Kuurey1Kuurey2

ブラシの使い方のSSを撮ろうと思って

クーで適当にサッカーユニを描いていたら

いつの間にかそのまま完成させていたという(゚ー゚;

制作時間30分・・・。

なのに、今までの作品で一番気に入った作品となったお。

セルフは不思議だのう(笑

| | コメント (4)

すの人

絵は見る人がいて成り立つものだと思っている。

だから絵(セルフ)を依頼されるのは本当にありがたいことだ。

さて今回、わしにセルフを作成してほしいという要望があった。

主にネタ系を見て「はるれいなら」と思ったらしい(゚ー゚;

ありがたい話だ。

早速どんな作品を望んでいるのか聞いてみた。

「Wii特典水着のダイスケのスイムウェアとすっぱマンの衣装を」

「はい」

「合わせたものをクーで作成してほしいです」

「!?」

スイムウェアとすっぱマン・・・?

つまり

Kuusu3

このダイスケのスイムウェアと

Kuusu4

このすっぱマンを

・・・合わせてクーで作成する、と

そういうことなん??

「そういうことです(^-^)」

ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

な、な、なんという無茶ぶり・・・。

かつてこんな困難な依頼があっただろうか(いやない)

その2つを融合する意味がわからない。

しかし、依頼者の希望に沿えなければセルフ職人としての名が廃る。

と、とりあえず描いてみよう。

仕事じゃないんだし、ダメだったら謝ればいいじゃないか。

わしに才能がなかったということなのさ・・・。

そして6時間後―

Kuusu1Kuusu2

完成(゚ー゚;

あれ、なんだかわるくない作品に・・・。

むしろ斬新で楽しい感じ。

思ったよりシュールじゃないぞ。

早速、依頼者に見てもらう。

「ど、どうだろうか?(ビクビク)」

「かわいい!ヽ(´▽`)/」

おおお~~

気に入っていただけたようだった。

自分の先入観でいいのができるわけないと思っていたし、

絶対に自分から創らない作品だったけど、

やってみたら面白かったし、ちょっと自信にもなったな(゚ー゚)

どうなることかと思ったけど完成してよかた。

今回も限定品ではないので普通に売るよ(売れるか謎^^;)

依頼はありがたいけれど、

もう無茶ぶりは受け付けないかんね(笑

作業風景

Kuusu5Kuusu6

| | コメント (2)

柏VS広島

Rey_san

日立柏サッカー場に行ってきたヽ(´▽`)/

さいスタと比べると・・・ちっさーい(笑

J1第26節、柏レイソル対サンフレッチェ広島。

優勝を狙う広島とJ1残留のために負けられない柏の大一番のゲームだ。

結果は1対1。勝ちたかった・・・。

お互いのいいところを消し合うような渋いサッカーだったな。

気に入ったのは広島の柏木。

ただのアホかと思ってたのに、もの凄くいい選手だった。

トラップうまくて取られないし、危険なパスを出すし、

激しいチェイシングで守備にも大きく貢献する。恐ろしす選手・・・。

柏は今回も守備が素晴らしかった。

だけど前線(特にポポ)のミスが多すぎて決定機つくれず。

大津もあまり絡めなかったな(ノ_-。)

でもサンフレに負けなかったのは大きい。

この調子なら絶対に残留できる!

山形さん、大宮さん、神戸さん、頑張らないでね!(笑

| | コメント (6)

セルフ職人に突撃① 王子編

セルフ職人に突撃① 王子編

セルデザ講座ネタがもうないので(もうかよっ)、

はるれいがいろんなセルフ職人に突撃して

秘密のテクニックを教えてもらっちゃおうという企画だ。

・・・教えてもらえるかな(゚ー゚;

第1回は”天才”うっかり王子さに突撃~

王子さの作品はセンスが良くって、色合いが本当に心地いい。

第1回セルフデザインコンテスト最優秀賞者の肩書きは伊達じゃない。

そんな王子がどうやってセルフを描いているのか聞いてみたお。

――セルフ制作はマウス?ペンタブ?

王子: マウス( ̄ε ̄)b

ロジクールのG5って言うゲーム用レーザーマウス使用してます。

・・・手が大きい?から普通のマウスより大きめでつかみやすいです。

んでもって滑らか~

――王子はブラシ派かな?

王子: もちろんブラシ派です。絵を描くように描いてますww

最近は多少ドットも使うようになったかなぁ^^;

――平均的な制作時間はどれくらいかかるの?

王子: (。-`ω´-)ンー昔は4~10時間だったけど、

最近は20~30時間くらいじゃないかな?かなりアバウトに答えてますw

――ちょっとだけ・・・セルフ作成のテクニックを教えて(笑

王子: 大きいブラシ~小さいブラシ、ペンをまんべんなく使う事かな?

大きいブラシを使うとハイライトが綺麗に見えるから(うまく見せる為(´゚艸゚))、

無理と思われる場所も大きめのブラシを使うようにしてる。

そのための努力として極力中央部から外側へと書き順を考えてます。

(ブラシで色を付けるだけでなくブラシで削るとか・・)

納得できない時はすでに描き終わった場所にブラシを吹いて、

ブラシのかぶった所を修正したり・・・

これってテクじゃないかも><

――今回の新作もカッコいいよね!

王子: 新作のポイントは・・・腰巻のシャツと最近マイブームのシワかなw

腰巻シャツはまだ誰もやってないんじゃないか?

と思って作ったのでちょと優越感w

あ・・・マックのCM風に作ったのでCMと見比べるのも面白いかも?

Ouzi1Ouzi2

こちらが王子さの新作。

たしかにシワ・・よすぎ(*゚ー゚*)

――王子さ、ありがとうございました。これからの作品も期待しています(o^-^o)

こんな感じで不定期に連載していきたいと思う~

次回は某セルフクラブのマスターに突撃!(予定 ^^;)

うっかり王子さのカタログはこちら(o^-^o)

うっかりセルフデザインカタログ

| | コメント (8)

FIFA10

FIFA10の体験版がXBOX360とPS3で配信開始(*^-^)

わしがハマりすぎたサッカーゲームFIFA09の続編だ。

サッカーゲームといえばウイイレだって?

うんにゃ、ウイイレもいいゲームだけど

FIFAには敵わない。(好みはあるけれど)

FIFAのすごいところは、

オンラインで10人VS10人の対戦ができることじゃよ。

まさかこんなにも早く、サッカーゲームで一人の選手として

ピッチに立てる日が来るとは思わなかったさ。

敵と味方の動きをよく見てパスを出さないと簡単にカットされてしまう。

ボールを持っていないときの位置取りも重要。

ミスばかりだとパスこなくなるし、

いいプレー連発するとパスが集まる。

わかりやすいでしょ(笑

サッカーは芸術。

そんな芸術的なプレーも再現できる希有なサッカーゲームだ。

わしが一年間プレーして飽きなかったゲームはこのFIFAと

セルデザオンラインだけ(笑

| | コメント (4)

ロロonly即売会

Maxlolo1Maxlolo2

ロロonly即売会に向かうマックスの図(どんな)

今では減少傾向にある伝統のリュックサックスタイルさ。

てらかっこよす・・・。

ハチマキとサングラスを合わせたら描かずにはいられなかった。

後悔はしていない。

基本白シャツなので、わりと何にでも合う不思議(笑

たまにはOTAKUファッションを楽しもうよ(゚ー゚;

Maxlolo7

山登りスタイルも可(どこが?)

作成風景

Maxlolo3Maxlolo4

Maxlolo5Maxlolo6

| | コメント (11)

途中経過2

Pangyagu_790

あとはポスターと缶バッジをつける(笑

| | コメント (6)

途中経過

一部で期待してもらっているので(笑、

途中経過だけでも貼っておこ(゚ー゚;

Pangyagu_779 マックス

Pangyagu_785 アリン

マックス描き込むぞ~

アリンはまだぜんぜん未定~

| | コメント (2)

VS Netherlands

レベルが・・・ちが・・・

戦犯は松木さん。

間違いない(゚ー゚; ハンドー

| | コメント (7)

ブログのこと

ゆうなさから軽く依頼されたのでブログについて少し~

ブログ全般を語れるほど経験もないので、ここの事書くね。

わしがねこんさをつくった理由はもちろん、

パンヤで制作したセルフ服を見て欲しかったから。

とにかくセルフ紹介が目的だったのであえて日記形式はやめて、

TOPページから作品を探せるような構成にしてみた。

テーマや目的があればおのずと表現方法が決まってくると思うお(*^-^)

-------------------------------------------------------

影響されたというか、

セルフ服の紹介サイトってすごいと思って見てたのがここ

レベル・・・高すぎ・・・_ノフ○ グッタリ

-------------------------------------------------------

つくることが決まったら、次に考えるのがブログのサービスサイト。

ねこんさはniftyが運営しているココログというサービスサイトを使ってる。

どこのサービスサイトを選ぶかによってデザインや使い勝手が変わってくるので

いろんなとこを見て「ええやん」と思えたとこにすればいいよね。

気にして見るとそれぞれ特徴があるんよ。例えば、

So-netブログ: パンヤの絵文字が使える

アメーバブログ: アバター(ピグ)がある

FC2ブログ: 使っている人が多い感じ

ココログ: 使ってる人いない感じ(゚ー゚;

となると・・・ゆうなさは迷うことないか(^^;

一応ココログの良いところを書いておこう(笑

個人的にこのポップアップウィンドウがお気に入り。

Pangyagu_462_3 ←こういうやつ~

他で見ないから、これが簡単に設定できるのはココログだけかも。

あとページ表示が意外と早いと思う。

ブログパーツ入れてないのもあるけどね。(早さは重要)

ブログがあると、先日の記事(エンリ復活)みたいな

ちょっとした出来事を誰かに見てもらえるんだよね。

そういうのがブログのいいところだと思うんよ( ^ω^ )

| | コメント (4)

エンリ復活

エリカで作成したユニフォーム風着物のティエリ・エンリ

おそらくナイキのロゴで削除シャツとなっていたわけだが、

今日アクセスしてみたら・・・

Pangyagu_726

復活してる!(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

もしや他の服も??

と思って確認したが、復活してるのはこの服だけだった(゚ー゚;

最近のわしの正しい行い(普通服作成)に

運営さんも寛容になったのだろうか。

Enri

自分でも気に入っていた服だったのでまた見られて嬉しい~

が、喜びも束の間、露天でAilythさに見てもらったら

「削除服になってるよ~」と言われてしまった・・・。

どうやら自分は見ることができるが、他からは見られない状態のようで。

いつもと逆のパターンだね。

結局一時的なバグだったんだろうなあ(´Д⊂グスン

| | コメント (10)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »