« コンテスト結果発表 | トップページ | 初のゴルフネタ »

メルボルンの悲劇

もし、オーストラリア戦がW杯出場を賭けた試合だったとしたら?
引き分け以上でなければW杯の出場に届かなかったとしたら?

今頃"メルボルンの悲劇"と名づけられて、
わしはフテ寝しているとこだろう(ノ_-。)

W杯最終予選はサッカードラマの宝庫。
"ドーハの悲劇""ジョホールバルの歓喜"
リアルタイム観戦したこの2試合は忘れられない記憶。
本当に極限状態のギリギリの闘いだったから、
観ているこっちも極限状態になって応援したんさね。

しかし、消化試合にドラマは生まれない。
面白くないW杯予選じゃった・・・。
正直、途中で負けてくれればいいのにと思ってた(゚ー゚;
わしはギリギリの闘いが見たいんよ。

パンヤのパンチラだって、ギリギリがいいのに・・・(ぉ

W杯では、素晴らしいドラマを期待するかんね!

|

« コンテスト結果発表 | トップページ | 初のゴルフネタ »

コメント

>しかし、消化試合にドラマは生まれない。
>面白くないW杯予選じゃった・・・。

 全くそのとおりのW杯予選でしたね。
 ビハインドになってからどんどん攻める姿勢ぐらいは
見せて欲しかったなあ。

 それにしても、またケーヒルにやられましたね。
 コーナーフラッグをバジバシ殴るパフォーマンスも
3年ぶりに見ました・・・。

投稿: ゴルファー | 2009年6月18日 (木) 19時56分

>ゴルファーさ
もはやアリ・ダエイなみに日本のサポの
記憶に残る選手だよね~>ケーヒル

オーストラリアにも叶わないのに、いわんや~~

投稿: はるれい | 2009年6月18日 (木) 22時30分

”ジョホールバルの歓喜”により世界への扉が開かれた後。
日本は永らく”世界の壁”に弾かれ捲っている(自国開催無視)。
僕は「W杯予選」と「W杯本戦」は別物と考えている。
ので、アジアでの戦い方と世界での戦い方は自ずと違うのが
当たり前だし、順位なんてどうでも良いって思ってたんだけど
vsオーストラリア戦は「世界との距離」を計る上でこの上なく
大事な一戦だと僕は楽しみにしてたんだけど…

試合展開はドイツの時と同じ、後半になって運動量が落ちるのと
同じくして集中力が落ちてミスが多発。
押し込まれて行ってパワープレイ(セットプレイ)で失点。
W杯まで後1年。どうする、どうなる日本…

で、「ギリギリの戦い」についてなんだけど、予選がそういった
戦いになりにくくなったのには理由がある。
それは本戦出場国の増加(98年から24→32)によりアジア枠が
3→3.5になった事。(02年からは4)
97年の時に合わせたとすると、実は今回も北朝鮮との出場を
掛けた決戦が行われた筈なんです。
その前にオーストラリア戦だって出場を掛けた一戦だった
訳で、盛り上がりは半端じゃ無かった筈でした。
TV朝日が使う「負けられない戦いが…」ってフレーズにピッタリ
な戦いになった筈なんですけどねえ。

ギリギリの戦いの中から出場した97年当時に比べ、今の
日本代表は技術的には数段上だとは思う。
けれども、比べてひ弱な感じを受けてしまうのは気のせいか?

投稿: 大豆 | 2009年6月19日 (金) 14時51分

>大豆さ
ほんと、ドイツのときのリプレーだった・・・
「世界の距離」が縮まっているどころか、
広がっている気さえした一戦だったね(ノ_-。)

なるほど、ギリギリじゃなくなったのは
単純に枠が広がったからか。
でもそうなんだよ、日本の個人能力は明らかに高い。
なのにフィニッシュにつながらない。
相手に守られる試合ってなかったよね。
それなのに攻めきれないんだから。

必死になるまで追い詰められることもなかった。
できれば苦しい経験をして本番に望んでほしかった。
チャンスをもらってアピールできた選手いたかな。
矢野も松井も評価を落とした感じ。
大久保は明らかにズレてた。
キレのある玉田はもう帰ってこないの?
よかったのは岡崎くらい。

そんな日本の希望の星はやっぱりMORIMOTOじゃい!

投稿: はるれい | 2009年6月19日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンテスト結果発表 | トップページ | 初のゴルフネタ »