« B型向けセルデザ講座① | トップページ | B型向けセルデザ講座③ »

B型向けセルデザ講座②

ブラシ基本パターン

ドットペンで曲線を描くと・・・

1

ギザギザ。

せっかく素敵なデザインの服も
ギザギザが目立つと残念なことになる。
しかし、なめらかにするのは簡単ではない。

ドットの間に中間色を置いていけばいいのだが、
的確な中間色を探すのは難しいし、
まして1ドットずつ置いていくのは根気がいる。
大抵のB型はここで投げ出す(笑

そんなときはブラシ。

ブラシで曲線を描くと・・・

2

なめらか~

でも線が太い。

そこで、スポイトで白を吸い取り、
余分な部分を白ブラシで消していこう。

すると・・・

3

4

なめらかな曲線だけが残る。
これなら問題ない。

基本はこれだけ。ブラシで描いてブラシで消す。
このパターンを組み合わせて描くことで
簡単にギザギザの少ないセルフができる。
単純だがとても実用的なのだ。

ブラシの特性上、ぼけた色合いになるのは否めないので、
必要に応じてドットペンでメリハリをつけると効果的。

応用として服の微妙な陰影を表現したいときは、
ブラシで色の変化した部分をスポイトで吸い取り
塗り重ねてみよう。

自然な陰影ができる。
胸を強調したいときも使える。

ただデメリットもある。
塗り潰し機能が役に立たなくなってしまうのだ。
数マス色を変化させるため、同色と判断されない。

配色が決まっている場合はよいが、
あとから色を替えるのは苦労するので、
ブラシ描きするなら予め決めておくべきだろう。

さらに応用すれば細かい柄や文字もブラシで描けるのだが、
それはまた、別の話(王様のレストラン風)

-------------------------------------------------
はじめに
② ブラシ基本パターン
肌色について
ブラシ応用編
著作権について
袖の内側の色を変える
ブラシでキャラクターを描く(動画)

|

« B型向けセルデザ講座① | トップページ | B型向けセルデザ講座③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B型向けセルデザ講座① | トップページ | B型向けセルデザ講座③ »